スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既卒者カフェin高槻 まとめ。


 こんにちは!


 さてさて先日無事、
 関西既卒者カフェin高槻を終えました。


 今回はゲストの方2人をお呼びして、
 いつもより前向きな情報交換が成されたように思います!
 計8人の参加となりました☆


・ミクさん:主催者。就職活動では理不尽な圧迫面接を経験したりと、
      だいぶ苦労されているそう。お酒がガソリンみたいです。



・ゲスト1:M木さん。現在就労者支援の仕事をされている。
      イギリスの大学で学ばれていた。、
      豊富な就職・転職経験もあって前向きなアドバイスを沢山くださる方。
      とても気さくでエネルギッシュ!



・ゲスト2:M木さんのご友人女性。現在はフリースクールのスタッフをされている。
      卒業後9ヶ月留学されたあと某百貨店で2年間販売のお仕事をされていた。
      一度もいわゆる就職活動をされたことは無いとのこと。教職免許を取得されているので
      これから本格的な教育業界に転職しようか悩んでおられるとのこと。
      まろやかな雰囲気で素敵な方☆



・Mさん(男性):初参加。現在公務員を目指されている。筆記は通るけれど面接に苦戦されているそう。




・Aさん(女性):初参加。静岡から関西で就職活動中。親からのプレッシャーに悩んだ経験在りとのこと。
         深夜のバイトを現在とてもがんばっておられるそう!




・エーカーさん(男性):既卒者カフェ関西の常連になりつつある方。今回は珍しくツモリルックではなかった。            最近保険代理店の営業職に
            見事内定された。おめでとう!!


・Kさん(女性):同じく既卒者カフェ関西の常連の方。旅行がお好きとのこと。
        現在はアルバイトをされていて、就職活動しようか悩み中とのこと。


今回はゲストの方の経歴のお話や、現在携わってらっしゃるお仕事からの視点からの
アドバイスに、
みなさんとても刺激を受けていました!(もちろん私も。)


具体的には

・就職希望者の特徴
①正社員が良い ②ブラック企業は嫌

という人が多いけど、1社目に入るところはブラックでも良いのでは。
→ブラックの定義は人それぞれ。
 なので遅くまで残業させる会社でも、
 「自分は定時であがる」というキャラを作れば良い。帰らせない社風は気にしない。


・新卒一括採用といった競争は就職活動にあっても良い。
 だが、その内容が「公平に行われているのか?」が肝心。


・人と会うこと。とにかく人と会う!家にこもらない!
→ゲストの方は、人との出会いの場に積極的に顔を出し、
 そこで出会った方の縁で現在の会社に就職できたとのこと。(M木さん)

 家にこもると自分がくさってしまうから、
 なるべく外に出るようにした。(ご友人)

紹介、という就職方法は雇う側が簡単に辞めさせたり
あまりしない というメリットがある。
→故におすすめ。

・なかなか就職できない、出口の見えない状況でも、
 小さい穴は何かしら空いているもの。
 
人と会うことで自分で空けられない穴を
出会う人に空けてもらえるかもしれない。



・就職支援という仕事で大切なのは、
 支援してあげるという姿勢でい続けるのが難しいこと。

→就職支援対象者の方となるべく対等に接している。
 支援してあげるというスタンスが強いと

 相手の自主性が著しく損なわれる。(M木さん)

→片足は支援、もう片足は対等な態度でフレンドリーな態度で
 接するバランスがいいかもしれない。(ご友人)



というような様々なアドバイスに、
参加者のみなさんも刺激を受けて活発な意見交換がなされていました。(´∀`)

またエーカーさんが就職するきっかけになった
「内定道場」に関するお話も非常に興味深かったです。


(内定道場含むJOBカフェOSAKAのHP
→http://www.jobcafeosaka.jp/hata-raku/jco_service/naitei09.html)


そんないつもよりちょっぴり真面目な既卒者カフェin関西となりました♪
でもゲストの方もとっても気さくにお話してくださり、
活気あふれる場となりました。

来てくださったゲストの方、参加者の方々、
主催の中心を担ってくださったミクさん、
ありがとうございました!!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


次回も今回のゲストと、その知人の方をお呼びしようと企画中です。
迷ってる方はぜひ!
一度良ければ足を運んでみてください~ ではでは!(・∀・)








スポンサーサイト

既卒者カフェご報告@8月12日

  こんにちは、
  ドカンです!(・´з`・)


  明日から実は、東京に6日間ほど滞在します
  


  東京といえば渋谷スクランブル!!!(ですよね?ね?)
  なのできゃりーぱみゅぱみゅを聴いて
  気分を(´∀`∩)↑アゲ↑ております。


  まにあった♪まにあった♪ギリギリセ~フ~♪


  
  間に合ってない♪

  

  間に合ってない♪


  

  既卒者レポートォォォ~♪




  

  8月12日に行われてた既卒者カフェin京都〈後編〉
  のレポートまだだった・・・・!!!!!((((;゚Д゚))))



  

  何でこんなに遅れたかって?



  


  ・・・・・・忘れてました。



  はい忘れてたんです、
  そりゃもうすっかりキッカリと!
  
  申し訳ございません……!!!!!!(ハイジャンプ土下座)



  予約してた山下達郎ベストアルバム J(´_ゝ`)し 
  が届いてたので、
  そのくらい間が空いてたってことなんですね。ヒョーッ!!!
     

  って訳で覚えてる分だけでも
  脳内細胞かきあつめて報告記事、書きます。!!!!



---------------------------------------------------------

【既卒者カフェin京都】 -8月12日の巻-

今回は計3人の方が猛暑ゴンゴンの京都まで、
おいでくださいました!!!



Rさん:男性。直前に既卒者カフェのツイッター告知を見て、
    急遽ご参加くださいました!
    最近内定が決まったそうで、
    おめでとうございます!!!!! 料理が得意な、ぜひお嫁に来てほしい系男子です。笑


カク(テル)さん:男性。就職浪人をなさって現在は四国で会社員をされてる方。
         既卒者カフェサイト内のリレーブログにも
         貴重な就職活動体験記を載せてらっしゃいます。


Tくん:これでおそらく2回目?の既卒者カフェの常連になりつつある方。(笑)
   1年ほど引きこもってたそうですが、今は無事納得のいく形で就職活動を終え、
   忙しくも充実した毎日を過ごしているそうです


なんと、思い返せばこのとき来られていた方全員が、
現在就職していらっしゃいます。ゴイス!!!!( ゚д゚ )


既卒者カフェ参加 → 就職!!!
みたいなジンクスができつつあるのかも…!?
だがしかーし!!!

主催の私はまだ無職でした・・・。


しかししかし。



明日なんと最終面接を控えているのです!!!



ですので、宣言します。


このジンクスを完成させるためにも、
面接がんばって内定とってきます!!!




なんか自分でプレッシャかけてる気もするけど
まあいっか・・・!!⊂二二二( ^ω^)二⊃



今回はみなさんそれぞれ午後から予定があるとのことで、
カフェ全体は3時間ほどで終了しました。



でも密度の色んな意味で
濃いカフェタイムだったと思います・・・・!!!
(サブカル的な話題で1、2時間盛り上がりました。笑)



特にカクさんの、現在の会社に内定した経緯に
みなさん興味津々で聞き入っていました。


というのもESを出したのも忘れてしまうくらい
時間がたった後、企業から連絡が来て


即社長面接→「よし、*月からうちに来い!」

→ その場で入社決定。


というスピード内定を経験されたそうで、
今まで当然だと思っていた選考経緯である



ES→ 1次面接 → 2次面接 

→ 3次面接… → 最終面接 → 内定。


というものとは全く違うパターン!!!!


そして今は四国の某うどん県で、ご活躍されているそうです。
実は最近お会いした方からも、
斬新な就職活動方法をお聞きしたので
それもまた後日載せようと思います!!



またTくんも高いIT系能力を企業に注目されて、
アルバイトからわずか1ヶ月ほどで
就職が決定した経緯を話してくださいました。



Rさんもお話を伺っていると
志望する業界がかなり明確でらっしゃって、
強い就職意欲を感じました。
(なので、その後就職につながったのかもしれません。)


また、みなさん自分たちの特技を
はっきり認識されている気がしました。

Rさん→料理
カクさん→豊富な知識と実行力
Tくん→ プログラミング能力


というように。


やはり自分の強み、売りをよく知り
分析されている方は
たとえ既卒になっても
納得のいく形での就職につなげられるのかも、
と改めて実感しました。(ノ゚д゚)ノ oh!!



かくいう私は今回参加された方のように、
自分の特技なんて
認識したこともなかったのですが。(;´∀`)



最近カフェでの軽い顔合わせのような形での
面接を受けたのですが、
そのときに企業で今まで受けてきた堅い面接で聞かれたのと同じ、

「今までがんばってきたことは何ですか?」


とかの自己PRや志望動機のようなことを質問されましたが、
カフェということもあり、
また企業の方も同年代のフランクな雰囲気の女性だったので
わりとスラスラ自分の良さや頑張って来たことを話せました。
そしてその方は私の経歴を紙に全て記入していました。

(職務経歴書などをその方が、
実際に私と話して書き上げてくださいました。)


で、意外と私いろいろやってきたやん・・・!
と自分を振り返り、
長所も客観的に、
見つめられた気もするんですよね


なのでESの自己PRや特技を書くのが苦手な私のような方(;´∀`)は、
面接の前などに 
一緒にいると前向きになれるような周りの人に
協力してもらって、
カフェなどのリラックスできる環境で今までの経歴や
がんばってきたことを質問してもらい、それを話して相手に書いてもらう、
というのも 一つの手かもしれません


で、話を聞いてくれた相手が
「こういうことも経験して、学べたんじゃない?」
と別の視点から長所やPRできそうなことを、
発見してくれるかもしれません。


自分だけで自己PR書いてると
「これ思い込みなんちゃうかな~。」とか、
私の場合不安になってくるんですよね。


さてさてそんな感じで、
in京都〈後編〉も 
様々な発見がありました。J(*゚▽゚)っ


あのι(´Д`υ)アツィー暑い中来てくださった参加者の方、
本当にありがとうございました


ではでは明日、東京へキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!しますので
10月8日の渋谷フューチャーセッションイベントで
お会いできる方がおられるといいなあ。
楽しみにしておりまーーーーーーす


さてさて関東だけではなく
秋も関西はイベントありますよーーーーーーーー!!!!!




【告知】



既卒者カフェin大阪を開催します!!!

 

 既卒者カフェとは?
 ⇒大学等を卒業して就職活動等を継続中の既卒者が集まるコミュニティです。

 (詳細はこちら:http://kisotu.xii.jp/)



 既卒で就職活動しているけど、
 周りでなかなか同じ境遇の人がいなくて
 本音を分かち合えることが少ない・・・

 頑張ってはいるのに、
 私のように親から就職しろー!!!
 ってプレッシャーが凄くて潰されそう。。
 もうムリ!!!(;´Д`)って方など


 良かったら気軽に足を運んでみてください。
 同じ悩みを抱える仲間と出会えるかもしれません。


 

 日時:10月12日(金)
 

 場所:阪急高槻市駅周辺


 お申し込みはこちらから
 →http://kokucheese.com/event/index/54729


 ぜひぜひ、お待ちしております。
 
 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)

















  

近況報告と、親について。

   こんにちは。

   ご無沙汰しております、
   関西既卒者カフェの運営・企画をさせて頂いている、
   ドカン@もじゃみです!!


   更新が滞って次の記事がこんなに遅くなりました、
   ごめんなさい・・・!(;´Д`)


   気づけばもう秋深まりゆく時季、
   みなさん 風邪などひかれていませんか。 


   既卒者カフェin関西の後編を載せる予定でしたが
   本格起動できるまで
   少し近況報告をさせてください。
   
   
      


   ツイッターでも言っていたのですが
   実は現在実家を出て、
   親戚のお家に
   居候させて頂いてます。

   
   今回は自分の家族のことなど、
   あまり明るくない話題が出てくるので
   不快な方は読むのを控えてくださいませ。(´・ω・`)





        mowloading……  ((((´Д`))))ウィウィウィィィィン







----------------------------------------------------------------------------------



   既卒者リレーブログというところでも
ちらっと書かせてもらったのですが、
   地元にはこの春大学を卒業して戻ってきました。


   
   戻ってくる前からそうだったのですが
   既卒でまだ就職していないことへの
   プレッシャーを、家族がかなりかけてきて
   ある日突然体と感情が、
   文字通り動かなくなってしまいました。。。


   


   今までそういう経験をされた方の話を聞いても、 
   正直自分はそこまではならないだろうなあ… 
   と 思っていました。

   

   なので今回実際に経験して、
   

  「あ、これは今までで一番ギリギリのところにいるな。」

   


   と・・・

  



   そこでたまたま縁あって家に来ていた叔母が
   「家で静養しなさい。」
   と言ってくれたのです。
   


   そして私が体を動かせなくなった日と
   偶然同じ日に一緒に関西既卒者カフェを運営していた
   K澤さんも、
   ご家族からかなりの精神的プレッシャーをかけられ
   もう追い込まれている、
   というブログをかかれていました。


   (その後なんとか体調は回復されたようでホッとしました。
    飲みすぎも祟っていたとか/(^o^)\)
  

   
   私はある意味きっかけが降ってわいたのかもな
   と思い、

   今まで不和だった親との関係を
   洗いざらい見つめ直すことにしました。

   
   初めて第三者として助け船を
   叔母が出してくれたので、
   もうこのチャンス逃がすと次は無いかもな と。   

   



   そこでアマゾーンのレビューを漁りまくり(笑)、
   「不幸にする親」(D.ニューハース著、講談社刊)
   を読むことにしました。



   これ、今少しずつ読み進めていますが
   かなり( ・∀・)イイ!!

   なぜかと言いますと、

   
   ・虐待=子どもに有害なコントロールを行う 
    と定義し、
 
    身体的虐待だけではなく
    精神的虐待をする親を含めて
    8つのタイプに分類して客観的に虐待する親を分析している。

  
   ・親との関係を見つめ直していこうオワリ!
    という内容ではなく
    
    虐待されて育った子どもが今後、
    自分の心を健全に育み自立していく具体的な方法が示されている。
    

    親はひとまず関係なしに、
    虐待された子どもの立場が救われるにはどうしたら良いのか、
    ということが書かれている。

    

    

    という点で非常に

    ( ・∀・)イイ!!(・∀・ )イイ!!

    と思ったので紹介させて頂きます。


    通常「虐待」と聞くと、

    
    激しく暴力をふるう 


    とか

  
    性的虐待、ネグレクト(養育放棄)

   


    などを思い浮かべる方が多いかと思います。


    なので

   


    「自分の家はそこまでじゃない、
    もっとひどいお家はたくさんある。


    だから、
    こんな程度で親との関係で悩んでるなんて
    周りにあまり言うべきではない。
    

     それに人から見れば、甘えてると思われそうだ
。」


    と、たとえ暴力は無くても
    言葉などで精神的に
    親から追い詰められている人などは
    こう思ってしまうんじゃないでしょうか?


    

    暴力もふるわれていない
    

    ご飯も食べさせてもらっている
    

    金銭的にも満足させてもらっている


    だから、
    

    虐待されてるなんて
    思うことは
    

    世間からは許されない 

    と。


    私もずっとそう思っていました。

    が、


    この本を読んでからまるっきり見解が変わりました。



    


    ・・・なんか今回の記事は
     アマゾンの高評価レビューのようで申し訳ないのですが。(汗)


    フホォオオオ…マジモンやこれは!!!!
    ビカ━━━━━━━━( ゚∀゚)━━━━━━━━ッ!!!!
    

    という部分がこの本にはいくつもあったのですが
    特に響いたのが、


    ――― 子どもは、
        単に親の子どもだからという理由で
        親に借りがある訳ではない。―――
    
    

    


    という部分です。    

    

    この理由については本で詳しく述べられていますが

    

    つまり子どもは親から、
    生まれてから今まで様々な恩恵を
    多かれ少なかれ受けているのには違いない。
    けれども

    そうしたことへの感謝の念は子どもから、
    
    されるかもしれないものではあっても、
    しなければならないものではない。    
    (=義務ではない)


    と述べられていたのです。


    ここを読んだとき
    まさしく、
    ウホォ――――ン!!!?(  д) ゜゜



    となりました。


    特に既卒で就職活動をしていれば、
    私の親のように、


    大学にも行かせてあげて、  
    
    
    留学などの費用もさんざん払ってあげて、
    
    

    地方から都会にも出させてあげて、

    

    今までたくさん良い大学に行ける環境も
    

    築いてあげてきたでしょ!!!?



    だから早く、働いて。

      
    

    正社員になって。


    


    私たちの負担を減らしてね?


    こ~~~~んなにしてあげたんだから。




    






    今度はあなたが私(たち)を、

    
    




    楽にさせてちょうだいねっっっ!!!!!!?



.....というような言葉を
      日常的に浴びて
    
   

   家にいるだけで
   心理的負担がかかる人も、いると思います。


    
    
    



    でも。
    あれ、何かおかしくないですか?

      
    そうです。

    


    子どもは、
    
    親を喜ばせるために
    存在している訳では無いのです。




    健全な親なら、

    子どもがやがて自立していく
    ということは
    
    


    『子どもが自分に自信を持ち、
     これからは自分の足で
     幸せな人生を歩んでいって欲しい。』


     という認識のもとで、
     子どもの一人立ちを応援するのです。     




     
     もちろん完璧な親なんて存在しないでしょうし、
     親が子どもにある程度期待してしまうのは
     仕方ないとは思います。

     

     ですが、

     子どもに心理的な負担をかける親と
     子どもを信頼して見守る親との違いは、

     

     根本的にここなのではないでしょうか?



    



    私は子どものころから今までずっと、


    


    『子どもは親に借りがあるから、

     親から褒められるのは
     親の願いを、
     大なり小なり叶えたときだけしか与えられない。』


     と、思い続けてました。




    でも小さいころなど
    
    
    母親とのびのび会話していたり
    
    
    なにげなく褒められている子を見ると、
    とてもうらやましくて
    
    そしてそのあと、
    なぜかいつも 悲しくなっていました。


    そんな子ども時代を経て
    
    
    自分に全く自信がわかず
    自分の良い所が皆目わからないまま
    大学時代サークルや学外活動など様々な経験をしているのに
    自己PRが全く書けず
    闇雲に就職活動をしたけれど、
    ことごとく失敗しました。


    でも子ども時代はとっくに過ぎ去った。
    もう親の手を離れ
    
    自分の生き方を
    自分の手で導き出せる。

   
    そうした地点に今、
    やっと辿り着けたのだと 
    この本から少し
    小さな道を見つけられたように感じました。


    自分の良さ、売りを見いだせなくて
    就職活動を諦めかけていた私ですが、
    最近ようやく一つ
    内定が出そうなところまで、
    行き着くことができました。


    この記事を読まれている方の中には
    親から心理的・精神的負担をかけられているが
    現状なかなか離れるのが難しい方もおられるでしょう。


    もしそんなつらい毎日を過ごしているのなら、
    良ければこの本を手にとってみてください。






---------------------------------------------------------------------------------





久しぶりの更新なのに私的な話題てんこ盛り(ノ・∀・)ノ=●で、
 恐縮ですが、
 最後にイベントの告知を。


 
 既卒者カフェin大阪を開催します!!!

 

 既卒者カフェとは?
 ⇒大学等を卒業して就職活動等を継続中の既卒者が集まるコミュニティです。

 (詳細はこちら:http://kisotu.xii.jp/)



 既卒で就職活動しているけど、
 周りでなかなか同じ境遇の人がいなくて
 本音を分かち合えることが少ない・・・

 頑張ってはいるのに、
 私のように親から就職しろー!!!
 ってプレッシャーが凄くて潰されそう。。
 もうムリ!!!(;´Д`)って方など


 良かったら気軽に足を運んでみてください。
 同じ悩みを抱える仲間と出会えるかもしれません。


 

 日時:10月12日(金)
 

 場所:JR高槻駅周辺


 お申し込みはこちらから
 →http://kokucheese.com/event/index/54729


 ぜひぜひ、お待ちしております。
 
 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)




 またまたなっがーーーい記事で
 すみません・・・(;´∀`)
    

    

関西既卒者カフェin第二回☆まとめ。 ‐8月10日の巻‐

【関西既卒者カフェin第二回】
~祝!!!関西進出☆~
 



だいーーーーぶ遅くなりましたが、
8月10日・12日に開催させて頂いた
「既卒者カフェin関西@京都」の報告をしたいと思います!


今回の記事は8月10日についてです。
両方ひとつの記事で書こうと思っていましたが、
結構長くなりそうだったので別記事にします。( ;∀;)


-----------------------------------------------




10日は以前から予定していたのですが、
12日のほうはTwitter上で交流のあった方とたまたまお会いできることになり・・・

気付けば
「アレ?これもうカフェ開いちゃおうか」
って雰囲気に。
そんなこんなの急遽開催でしたが、
それでも集まってくださって、
本当に嬉しかったです(*´c`)


では10日からさかのぼり・・・
来てくださったのは今回主催者含め4人。
全員前回の第一回関西既卒者カフェに来ていた方々でした。
なので、全員見知っていたこともあり、
プチ同窓会のような感じでした。(笑)


メンバーのご紹介・・・

I さん:神戸からクソ暑い京都まで来てくださいました…涙!!! 男性。
    自転車で長距離の旅をするなどアクティブな情報をいつも提供してくださいます。
    「土管で最近寝てまして」とのたまった私に、
    0円ハウスのお話をしてくれた救世主。ありがトウッ!!!!



E さん:大阪から来てくださいました。男性
    ツモリチサトのよく似合う方!この日はカフェのあと、野球観戦をしに行くとおっしゃってました。
    最近内定したとのこと、おめでとうございます
    早くわたしもロ●シタンを浴びるぐらい使える身分になりたい・・・


K さん:この方も大阪から。女性
    この日はカフェに最後までいてくださり、私と夜の四条で4軒ハシゴしてくださいました。
    小柄で凛とした雰囲気の、これまたアクティブな方です。
    いつかご一緒に秘湯めぐりができれば嬉しいなと密かにおもっております。(ポッ//)


打ち解けた会話の中、
早速いろんなことが話題に上がりました。
主に


・人材派遣会社の功罪。
から始まり、

・ハローワークはあんまり機能できていない面も多々ある。

・ここがヤヴァイよ悪徳会社・・・。


などなど多岐に渡りました。


特に人材派遣会社はパ●ナやジ●ィクなど、
大手が協賛しているみたいですが・・・

実際に

≪良い点≫

・就職活動側と企業側、双方が納得した形で出会える最適な場になる。


≪悪い点≫

・就職活動者と企業の相性によるものが大きい。

・主催の人材会社と紹介先企業の間で連携がとれていない面も見受けられる。

・長くて一か月近くかかることもあるがその間一切賃金が発生しないことも多い。
 そのため参加するのにある程度まとまった金額が必要で、
 金銭面で負担が大きい…。

などなど。
実際に参加した方のお話では、
いざインターン先の企業に行くと自分が既卒者であることなどの明確な情報が、
全く人材会社から伝えられておらず、
苦労したという体験が印象的でした。

そもそも私は、結構体育会系な雰囲気のセミナーに参加しようとも思えない性分なので、
何事も積極的な方のほうがやっぱり企業としては魅力的に映るんだろうなあ。
と聞いていて実感したりしました。
なんせ中学のときの夢は
仙女
(某ジャンプ漫画の封神演義に出てくるちょっとセクシーな感じの)。
でした。
仙女になって 酒池肉林 したかった、
と記憶しています。
今思えば だいぶ間違った仙女解釈ですね…!!



今でも隠遁生活したいな~って願望ちょっと(かなり)ありますが、
現代では世捨て人= ニート


になっちゃうんですかね…。(´ε`;)ウーン…


またハローワークについては、

悪い点しか今回は上がっていなかったように記憶しています…
がんばれ!がんばれハローワァァァークッ!!!!(>'A`)>!!




出た意見としては

・紹介される企業の提示する条件が、
あまり魅力的ではない。


・説明会なども開催されることがあまり無いため、
 いざESを書こうにも企業のイメージが湧きにくく
何を書いていいのか困る。

・HPが・・・・  ショボイ・・・ 


などなど。

ハローワークにもこれまた行ったことが無い私、
今度突撃となりのハローワーク特集でもしようかと思います。
(隣の市に新設の若者向けハローワークができたので。)


そうした中、旅が好きな方から聞いた
0円ハウス
という企画集団。


当時 固い公園遊具で幾日か過ごしていた私に、
モッテコイの有力情報が!!!!


会いたかったー♪会いたかったー♪会いたかったー 
NO!!!! ハ~ウ~ ス~~~(?)



土管で寝泊りする前にほんと聞いておきたかったです。
おそらく私の食いつき具合がハンパなくて
慄かれたかも… (スミマセン… )


 
ひさしぶりに
ドラマ「北の国から」の、
主人公・五郎さんが廃材で作った富良野の家を思い出しました。
(今の若い子わかるんかコレ。)



歩いて10分以内の距離なら
間違いなく村民エントリーしますね…! ヽ(´ー`)ノ



0円ハウスはコチラ    
http://www.0yenhouse.com/


また、trippieceという、
初対面の人たち二人と自転車旅をする
企画もあるらしいとのこと。




「自転車旅とも限らずただ一緒に旅行したり、
それは日帰りかもしれないし、
日本じゃないかもしれないし、
とにかく誰かが旅を企画して
一緒に行く人が集まれば成り立つサービスです\(^o^)/」

(Twitter上から)

というのが詳細らしいです。
チャリンコでどこまでも地平線のホライズン!!!!(?)
して駆け巡りたい! など、
旅が大好きな方にはうってつけだと思います。





trippiece
http://trippiece.com/

でも人生何事も経験したもの勝ちですよね。



そんなアグレッシヴな日々をお聞きしていると、
こちらにも活力を分けてもらえる気がしました。



とまあ、

 

おイモカフェ → 抹茶屋 → お洒落なBAR → マクド

とハシゴし、
最後はじっくり夜の女子会♪♪

で締めさせて頂きました。


今度は
宿坊・ヨガ・モノづくり(陶芸)とか、
関東のように何か企画を打ち立てたり
ゲストをお呼びしたりと活動の幅を広げていこうと思います。

ド級の暑さの京都まで 
汗をふき拭きはるばる参加してくださったみなさん、
本当にありがとうございました!!!


次回は8月12日のまとめを書きます。(´ω`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。